NORAAYAKA

[ 2017年撮影 ]


2年前の夏に、彼女が深夜に39度の熱を出し、救急車を呼びました。その時は、「偶々居合わせた友人」として、救急車に同乗しましたが、もし将来、命に関わるような怪我や病気をしたに、ストレートのカップルと同じように、病院での面会や、大切な時側にいられる権利が欲しいと思いました。 特別に与えられた権利ではなく、自分たちの好きな街で、ただ当たり前に家族になれることを望んでいます。 どんなカップルも、周りの目を気にすることなく、自分たちの思い描く結婚をできる世の中になって欲しいです。

Back

SHARE