HALchar

[ 2015年撮影 ]


「ハルみたいな人と結婚したら幸せなんだろうな」彼女のこの一言で、プロポーズを決意しました。
いつか大切な人ができた時、一生一緒にいられる様に、と性別適合手術を終えていた僕。プロポーズは彼女と仲良くなったきっかけでもあるガールズオンリーのクラブイベントで行うことにしました。事前にオーガナイザーと打ち合わせをしての完全サプライズプロポーズ。何も知らされずにステージに上げられた彼女に、スーツの僕が登場し、「結婚して下さい」と告げました。答えはイエス。イベントに来ていたお客さんも含めみんながクラッカーやシャンパンで祝福してくれ、とても幸せなプロポーズになりました。それから、お互いの家族の了承も無事に得て、晴れて結婚することができました。
周りの人たちの支えがなければ、こうして幸せな日々を送ることはできなかったと思います。常に感謝の気持ちを忘れず、今後も2人で手を取り合って過ごしていきたいです。

Back

SHARE