AK

[ 2017年撮影 ]


付き合って初めての年越しの時の話です。彼は家族に僕のことを紹介したいと言い、実家に招待されました。彼のお父さんは幼い頃に交通事故で亡くなっていたので、彼の家族はお母さん、お姉さん、妹の3人でした。年越し当日はお姉さんの恋人とワンちゃん3匹も一緒だったのでとても賑やかでした。僕はとても緊張しました。ですが、彼の家族はとても温かい人たちでした。皆でお酒を飲んだりお母さんの手作り料理を食べて過ごしました。彼が買い出しで出かけた時にお母さんから「うちの息子をよろしくお願いします」と頭を下げなら言われました。まさか彼のお母さんからそんなことを話されると思っていなかったのでびっくりしました。彼が買い物から戻ってきて改めてお母さんから結婚について話しをされました。「二人は結婚したい?」と尋ねられ、僕たちはもちろん「YES」でした。するとお母さんは「それなら結婚するといい。日本で結婚ができないなら海外ですればいい。私は自分の息子がゲイであろうと誇りに思う。自分の家族が幸せならそれでいい」と言いました。その時僕は涙が出そうでした。「セクシャリティ関係なく、自分らしく生きたい」と考える僕にはとても嬉しい言葉でした。それから本気で結婚のことを考えるようになりました。僕たちは渋谷区在住なのでとりあえず近いうちにパートナーシップの利用を考えています。

Back

SHARE